蓄電池ガイド

蓄電池ガイド

太陽光発電を導入している家庭は多くありますが、自宅の電気として使用するか、売電するという選択肢しか無く、実際に導入している人の中には発電して家でバッテリーのように余った電気を貯めておくことができないのかと不便に思ったことがある人もいるかもしれません。

 

中には災害対策用で太陽光発電を導入したという人もいるかもしれませんが、電気が使用できるのはソーラーパネルが太陽光を吸収して発電している時だけなので、夜間に電気を使用することはできず、日中も天気が悪いと効率よく電気を発電してくれません。

 

しかし、最近は余った電気を溜めておくことができる蓄電池の技術が向上したことで自宅に専用の蓄電システムを導入して電気を溜めて災害があった際や停電してしまった場合に電気が無くて困らないように備えているという家庭が増えています。

 

自宅に導入する電気のシステムと言えば、まだまだ太陽光発電というイメージが強くありますが、蓄電池は太陽光発電システムと連動させることができる場合もあるので、最近は両方のシステムを最初から取り入れるというケースも増えており、もちろん太陽光発電を導入しないで蓄電池だけを導入するという場合もあります。

 

充電池やバッテリーのように電気を溜めておくものというのは身近に結構あるので、規模の大きな充電池やバッテリーがあっても本来なら不思議ではありませんが、自宅の電気を賄うくらいの充電池やバッテリーを作るとなるとコストがかなりかかるというのが難点でした。

 

携帯電話やパソコンにあるバッテリーが進化しているのと同じで規模の大きな蓄電池も進化を遂げており家庭に導入することができるくらいになっていて、太陽光発電を取り扱う業者が多くいるように、蓄電池のシステムを販売やリースしている業者も増えています。

 

蓄電池と言ってもいろいろな種類がありますが、種類によって性能やかかるコストなどが変わってくるので導入を検討している場合は事前に情報を集めることが大切です。

 

蓄電池の見積もりならタイナビ蓄電池




日本初!5社見積り比較が出来るのはここだけ!蓄電池の無料見積り比較サイトはタイナビ蓄電池