何のための蓄電池か考える

何のための蓄電池か考える

最近は太陽光発電システムの導入ブームもだいぶ落ち着いてきた感がありますが、次は太陽光発電システムや風力発電、地熱発電などから作り出された電気を貯めるという蓄電池が注目を浴びるようになっています。

 

自然エネルギーを発生させてそれを自宅で使用するということは可能だったのですが、そこで発生させた電気を貯めて使用することができなかったため、太陽光発電システムなら太陽の光が無い夜間、風力発電なら風が弱い日や凪の時間帯は電気が作られず、そこの電気は電力会社から買い取りをした電気を使用していました。

 

しかし、家庭用の蓄電池が広く普及するようになってからは自分の家で作り出した自然エネルギーを貯めて使用することができるようになったので、システムが発電しない時には余剰電力として貯めておいたところから電気を取り出して使用することができるようになりました。

 

ただし、蓄電池を導入したからといって太陽光発電システムのようにシステムそのものが電気を作り出すというわけではないので、売電をすることはできません。
また、以前に比べるとシステムの導入費用は安価になっていると言われているものの、それでも導入に関しては金銭的な負担が大きいため、初期導入コストを考えた場合に導入するメリットがそこまであるとは限りません。
太陽光発電のように蓄電池導入もブームになりつつありますが、ブームに流されて後から後悔しないように導入を検討する場合はきちんとした目的意識を持ちましょう。