海岸から近いところに蓄電池を設置する場合

海岸から近いところに蓄電池を設置する場合

海岸では農作物が塩害の被害を受けることがありますが、沿岸というのは海からの風と一緒に海の塩分が飛散して、塩が様々な物に付着することによって起こる被害の一つですが、海岸線から2km以内では塩粒子を含む風が飛散する場合が多いと言われており、500m以内になると塩害被害のリスクもかなり増えます。

 

ちなみに塩害は台風や強風時に顕著なことが多いですが、これは強風によって海が荒らされてそこから塩が飛散しやすくなるためで、飛散した塩は強風に乗って海岸線を超えてやってくるというわけです。

 

雨が多く降っている時よりも無降水時の強風が最も塩害の被害を受けやすいと言われており、これは雨が降っている場合は雨によって塩が流される一方で、雨が降ってないと付着した塩がそこで留まり続けるためです。
蓄電池は塩害に弱いタイプが多いため、設置予定場所が海から近く導入を検討している場合は必ずメーカーに相談してからの導入が必要となり、メーカーによっては重塩害地域に対して販売を行っていない場合もあります。
また、蓄電池を購入して設置する場合は必ず海からの風が直接当たらない場所におくことが大切で、少しでも塩の影響を低減できるように設置を考える必要があります。
最近は蓄電池の外装も錆びにくくなっていて、塩粒子による被害のリスクが少ないシステムも増えているので、蓄電池を選ぶ場合は耐塩性に強いシステムを探して商品をメーカーで比較して購入することが大事です。