蓄電池の寿命に関して

蓄電池の寿命に関して

蓄電池は電気を発することもできれば、電気を蓄えることもできる優れものですが、電力会社からの電気の供給が止まっても蓄電池においては自発的に電気を出しているため、トラブルがあった場合でも関係なく電気を使用することができるというのがメリットでもあります。

 

この仕組みの恩恵を受けるのは日頃からパソコン作業が多い人で、特に会社ではコンピューターで仕事の大半を管理しているところが多く、コンピューターを使用するために必要な電気の供給が途絶えてしまった場合でも蓄電池のシステムを導入していることによって助かる場合があります。

 

そんな便利なシステムですが、性能が高いものが多く発売されるようになったとはいえ、何度も繰り返し充電をしていると寿命が近づくことになり、ニッケルやリチウムイオンなどになると10年も経たないまま寿命がきてしまうことがあります。

 

これは充電が半永久的に行えるシステムではなくあらかじめ充電できる回数というのがあらかじめ決まっているためで、携帯電話やノートパソコンを大切に使っていても次第に充電の力が弱くなっていくのと同じように使用回数に比例して充電のエネルギーは減少することになります。

 

できれば少しでも寿命が長いタイプの蓄電池を購入して、少しでも初期導入コストにかかった費用を回収したいものですが、性能がよく寿命が長いタイプになるとそれだけ初期導入コストも高い場合がほとんどなので、費用と性能のバランスを重視して考える必要があります。