蓄電池の保証期間

蓄電池の保証期間

蓄電池は私たちの身近でも広く使用されている電池ですが、スマートフォンが充電器無しでも使用することができるのもノートパソコンを充電器から外して使用することができるのも、すべては蓄電池による仕組みのおかげですが、いずれの場合も使用を続けるといつかは電池が切れてしまうので、再び充電をして電気を貯める必要が出てきます。

 

さらに規模が大きくなってくると太陽光で発電した電気を貯めて家庭用の電気に賄うということもできるようになりますが、これもスマートフォンやノートパソコンと同じで充電をしている時は何時間でも使用することができる一方で、充電器から外すと使用時間は数時間から長くても数日になります。

 

以前に比べると家庭用蓄電池システムの本体価格はだいぶ下がって性能が向上したということもあって、一般家庭でも導入するところが増えています。

 

しかし、価格が下がったと言っても日本国内で販売されているメーカーものになると金額は100万円を超えてくるため、かなり費用的な面での負担が大きくなってしまいます。

 

そうなった場合に重要となってくるのが初期コストを回収することができるという点と、どれくらいの期間なら保証してくれるかということですが、太陽光発電と同じで10年程度の保証をしてくれるところもあります。
しかし、本体価格が安いタイプになってくると国産メーカーであっても保証期間が1年程度になっているところがありますが、少々本体価格が高くても保証はしっかりしているところを選ぶのが無難です。