蓄電池と太陽電池の違い

蓄電池と太陽電池の違い

近頃は太陽光発電を家庭に導入するところが増えていますが、太陽の光という半永久的に無くならない自然エネルギーが電気の源ということもあってエネルギー源の枯渇が無いと言うメリットがあり、以前に比べると自宅に導入するにあたってのコストが下がっているのも理由となっています。

 

太陽光発電は太陽電池と呼ばれる電池を屋根に敷き詰めて、そこで太陽の光を吸収して電気に変換するという仕組みなのですが、これには電気を発生させる能力はあるものの、電気を蓄えておく能力はなく、発生させた電気は直ちに送らないと無くなってしまいます。

 

一方で、蓄電池というのは太陽の光を吸収してそれを電気に変える力も無ければ、風の力を借りて電気を発生させることができる風力発電のような力もありませんが、太陽電池と違って電気を蓄えておくということができるため、何らかの形で供給した電気は貯蓄をして必要に応じて使用することができます。

 

このように太陽電池と蓄電池では電気を自分で発生させることができるか、という違いと電気を貯蓄しておくことができるか、という違いがありますが、太陽光発電システムと蓄電池システムの融合という形でそれぞれの弱点を補完し合うことによって一つのシステムが成り立つこともあります。

 

いずれも地球環境にとってはメリットが高いというところでは共通しており、システムの小型化や高性能化が進んでいることもあって、いずれの電池も普及拡大が予想されます。