太陽光発電と蓄電池システムの連動

太陽光発電と蓄電池システムの連動

蓄電池は携帯電話の充電をイメージすると分かりやすいと思いますが、電力会社から供給される電気を貯蓄して、それを必要に応じて使用するというものですが、携帯電話と違って家庭の場合はいつでも電力会社から電気を供給することができるため、蓄電池の必要性を感じてない人もいるかもしれません。

 

しかし、停電や災害などいつ電気が安定して供給されない事態に陥るか分からないということを考えると予備電源の必要性というのは大きく、特に仕事で電気を使用するという人は電気が安定的に入らないと仕事が前に向いて進まないことにもなるので大きな問題となります。

 

ネックなのが蓄電池に充電する電気は電力会社から供給するわけで充電するのも電力会社から電気を購入しないといけないわけですが、このネックの部分の解消が期待されるのが太陽光発電との連動です。
太陽光発電というのはシステムそのものが発電して電気を発生させることができるという特徴がありますが、ここで発生させた電気を蓄電池に流すことによって電力会社から電気を購入することなく充電することができるというものです。

 

太陽光発電はシステム導入費用が高いというのが問題でしたが、近年は自然エネルギーの利用が見直されてきており、システム導入そのものにかかるコストが下がったことに加えて、補助金制度などが充実してきたこともあって以前よりも導入しやすくなっており確実に導入する家庭は増えています。