災害時の利用

災害時の利用

災害大国と言われている日本において、地震や津波、異常災害や噴火など日本に住んでいる以上は誰であっても常に災害のリスクを背負って日々の生活を送っているわけですが、いつ発生するのか分からないため、発生した時の対応というのがとても大事になります。

 

災害が発生して避難ができた場合に問題となってくるのがライフラインですが、日頃は当たり前に使用している水や電気というのは水道管を伝って家庭に水が送られたり、電線を伝って家庭に電気が送られたりしています。
災害によって水道管や電線が遮断されてしまうと当たり前のように使用していた水や電気は使えなくなってしまいます。

 

こうなってしまった場合に蓄電池を導入している場合はそこに貯めている電気を使用することができるため、寒い場合はストーブで暖を取ることやスマートフォンの充電をして情報を集めるということもできます。

 

このように災害時の非常用電源として蓄電池を導入するという家庭が増えており、さらに太陽光発電がある場合は数日間の間、電力会社から安定的に電気が供給されなくても太陽光電池で発生させた電気を蓄電池に供給することで、貯めていた電気を使用しても再び電力会社を通さなくても充電することができます。

 

そのため、最近は太陽光発電システムを販売する業者が蓄電池と合わせて販売するというケースも増えていますが、太陽電池には充電システムが無いため、発生した電気を貯める場合はどうしても蓄電池が必要となってしまいます。