電気代について

電気代について

日常生活における生活費で多く必要となるのが光熱費ですが、現代の日本人はほとんどが電気に依存した生活をしており、オール電化というすべてのエネルギー源を電気で賄うところも増えていますが、電気に依存すればするほど停電や災害時のダメージは大きくなります。

 

最近は蓄電池のシステムが普及したことで何かあった場合に備えて蓄電池を家庭にも導入するという家庭が増えていますが、さらに太陽光発電システムと一緒に導入することによって電力会社に頼らないで導入したシステムだけで電気を賄うこともできます。

 

そうなると電力会社から購入している電気代がかなり節約することができますが、太陽光発電システムや蓄電システムというのは初期の導入コストは高くなっています。

 

初期導入コストに対するデメリットは否めませんが、運営してローンを返済するとそれからはコスト回収という場に変わるため、長期的な運用になればなるほどメリットがあります。

 

また、太陽光発電システムを通さないでも電気代を節約することができるようになりますが、それは日中と夜間では同じ電気の使用量でも電気代が違うという仕組みを利用することで可能となります。
通常は日中の電気料金が高くなっているため、日中は貯蓄しておいた電気を使用して夜間は蓄電池の充電に集中することで電気代が高い時間帯は電力会社からの電気を買わずに、電気代が安い時間帯にまとめて電気を購入することで、従来の電気代よりも安くなるというものです。