お得な補助金制度

お得な補助金制度

日本では積極的に自然エネルギーの利用を推進していますが、その先駆けとなったのが一般家庭でも広く導入されるようになった太陽光発電や風力発電など自然の力を使って電気を発生させる装置の普及で、国や自治体は導入する家庭や会社に向けて積極的な補助をしたということもあって普及は拡大することになりました。

 

これによってかなりエネルギーの自給率は向上することになりましたが、電気を発生させる技術は進んだ一方で、発生させた電気を蓄えておくという技術の向上は遅れをとっており、太陽光発電や風力発電を導入する側からすると蓄電機能が付いていれば問題ないのにという意見も少なくありません。

 

最近になって規模の大きな蓄電池システムもようやく普及の兆しが見えるようになりましたが、以前に比べるとシステムそのものが小型化したことに加えて、大量の電気を蓄えることができるようになりました。
携帯電話やパソコンのバッテリーのように小さな規模の蓄電池としてではなく、家庭や会社の電気を賄うくらいの大きな規模の蓄電池も開発されては世に出回るようになりましたが、これらを普及させるために国や自治体も様々な補助金制度を用意してお得に導入することができるように支援している場合があります。

 

ただし、こうした補助金制度は事業の一環で行っていることや公募に対して様々な審査をクリアしないと補助が受けられないなど、どの企業でも受けることができるわけではないので注意が必要です。