携帯電話に使用されている蓄電池

携帯電話に使用されている蓄電池

携帯電話を使用する人の多くは自宅で充電をして外出する際は充電器から本体を外して持って行くと思いますが、その状態で携帯電話を使用しても数時間から一日程度は充電をしなくても携帯電話を使用することができると思います。

 

これは携帯電話に内蔵されているバッテリーという部分が充電によって得た電気を貯めているためですが、この仕組みこそ蓄電池の仕組みそのものです。

 

充電器を持ち運ぶことなく利用できるということで日頃からあまり意識して生活はしていませんが、携帯電話のバッテリーの蓄電池はかなり利便性の高いシステムです。

 

以前はニッケル水素電池が使用されていましたが、これでは可用性に欠けるということもあって新型のバッテリーの研究が進められ、それによって誕生したのが現行の携帯電話に使用されているリチウム電池と呼ばれる電池で、蓄電池としての可用性にも優れていることで携帯電話への使用のみならず、様々なところで使用されることになりました。

 

使用されている電解質は非水溶液系の電解質となっていますが、これは通常の水溶系電解質だと電気が分離してしまうというのが理由で、その作用をもたらしているのはリチウムです。
ちなみにリチウムイオン電池というのも広く使用されるようになっていますが、これは従来のリチウム電池よりも安全性の面で考慮して製造されているものの、時折発火などのニュースがあるのは構造上ではなく製造工程に問題がある場合がほとんどです。