ハイブリッドカーに使用されている蓄電池

ハイブリッドカーに使用されている蓄電池

近頃はハイブリッドカーという新しいタイプの車が人気を集めていますが、ハイブリッドカーというのは従来ならガソリンが主燃料となっている車に対してガソリンと電気によって走るというのが特徴となっていて、電気による働きが加わった分、ガソリンの使用量が少ないというメリットがあります。

 

ちなみにハイブリッドカーに搭載されているバッテリーは大きく分けて二種類ありますが、一つは鉛蓄電池と言われるタイプの電池で、これは一般的な車にも搭載されているタイプの蓄電池ですが、この電池は電気を発生させて貯蓄することができます。

 

そしてガソリンと併用して使用する電気というのはこのバッテリーとは違うバッテリーを使用しており、ニッケル水素充電池とリチウムイオン充電池に大きく分けられますが、いずれも蓄電池という特徴があり、普及率が高くなっているのはニッケル水素充電池になっています。

 

さらにハイブリッドカーを通り越して最近はニッケル水素充電池だけで走行ができる電気自動車というのも普及を見せていますが、この場合は燃料を燃やすことによって有害な物質が排出されないということもあって地球環境に優しい車となっています。

 

このように蓄電池は間接的ながらも地球環境に大きな貢献をしていますが、日常生活においては自宅に蓄電池のシステムを導入するという家庭も増えており、今後は今よりもさらにいろいろなところで使用されるようになることが想定されます。