バックアップ電源の蓄電池

バックアップ電源の蓄電池

仕事でパソコンを使用しているという人も多いと思いますが、ノートパソコンの場合は携帯電話と同じように蓄電池が搭載されているためです。
家でバッテリーに充電をしておくことによって持ち運びをしても数時間程度はノートパソコンの電源が入った状態になりますが、一方でデスクトップ型のパソコンになると蓄電池が搭載されていない場合が多いため、コンセントを抜くと電源が切れます。

 

普段なら電源モードから電源を切ることによって安全にシャットダウンすることができるようになっていますが、問題となるのは落雷など予期せぬ事態でパソコンへの電気の供給が途切れてしまった場合で、この場合は急にシャットダウンされてしまうことで作業をしていた場合はデータが消失してしまう場合があります。

 

仕事をしていた場合は仕事で使用する大事なデータが消失してしまう可能性があるということで、データ消失のリスク対応というのが必要となってきますが、その際に役立つのがバックアップ電源と言われるもので、これを使用することによって電気の供給が絶たれた場合でもデータを消失する心配がありません。

 

このバックアップ電源に使用されているのも蓄電池ですが、普段から電気を貯めている状態を作っておいて急に電気の供給が途切れる場合も、蓄電池からの電気の供給があるため強制的にシャットダウンされません。
昔は高額だったのですが、最近は1万円程度から購入することができるためもしもの場合にも安心です。